お尻

陰金田虫(いんきんたむし)とは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言い、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に何らかの理由で感染、定着する病気の事で俗に言う水虫のことなのです。
環状紅斑は輪状、いわゆる円い形状をした真っ赤な発疹や湿疹など、皮ふのトラブルの総合的な病名ですが、素因は余りにも多種多様だといえます。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が無感覚になったり下肢の浮腫などが典型で、病状が進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に陥る心不全なども誘発することがあるそうです。
体脂肪量にさして変化がなく、体重だけが食物の摂取や排尿等で短時間で増減する時は、体重が増えれば体脂肪率は低下し、体重が減少したら体脂肪率が上がるのです。
加齢に伴う耳の聞こえ辛さにおいては時間をかけて聴力が低下していくものの、一般的に60歳を超えてからでないと聴力の衰退をはっきりと認識できません。
グラスファイバー製のギプスは、丈夫で軽量で着け心地が良い上に耐久性に優れ、水に濡れてしまっても使えるという特長があるため、いまの日本のギプスの中でも定番です。
めまいは出ないのに、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴だけを数回繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」と呼ぶようなケースがままあります。
塩分や脂肪分の摂り過ぎを控えて簡単な運動に努め、ストレスを溜めすぎないような暮らしを意識することが狭心症の誘因となる動脈硬化を防止する方法なのです。
高血圧の状態が長い間継続すると、身体中の血管に大きなダメージが与えられ、頭頂からつま先に至るまで様々な血管に障害が巻き起こって、合併症を併発する率が大きくなるのです。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、原則無料で受けることのできる定期接種として導入されるため、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個別接種のスタイルになりますのでご注意ください。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、正常ならば人の体をガンにさせない役目をする物質を製造するための型である遺伝子の異常が引き金となって罹患してしまう病気だということが分かっています。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代〜30代の比較的若い男の人に多い傾向があって、大体股間の辺りだけに拡大し、身体を動かしたり、入浴後のように体が熱くなると強い痒みがあります。
「常に時間に追われている」「わずらわしい人との付き合いが多すぎる」「先端テクノロジーや情報の著しい進歩に追いつけない」など、ストレスが蓄積されてしまう状況は一人一人異なります。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異をもたらすような悪質な物質を身体の内部で解毒し、肝臓の性能を促す働きが明らかになっています。
BMIを算出する式はどこの国でも一緒ですが、値の評価基準は国家ごとに異なっており、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重、25以上を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と周知しています。