インスリン分泌

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている物質が、肝臓が分泌する解毒酵素そのものの正常な生産活動をサポートしているかもしれないという因果関係が明らかになってきたのです。
過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、人間関係などのストレス、高齢化など多様な原因が集合すると、インスリン分泌が減ったり、働きが落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発病します。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が見られず、体重が食事や排尿等によって一時的に増減するケースでは、体重が増えた人は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が高くなることがわかっています。
触れ合うことで、本人がセラピードッグのことをすごく愛おしいと感じた時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスの低減や精神の癒しなどに結びついているのです。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに2012年9月から原則無料の定期接種になることによって、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に受ける個別接種の扱いに変わります。
肥満(obesity)というのは言うまでもなく摂取する食物の種類や運動不足が誘因ですが、量の等しい食事であれ、急いで食べ終わる早食いをすることによって体重過多に陥っている肥満を招きやすくなると考えられています。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を下げたり突然変異を招く人体に有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の性能をより良くする役目が認められているのです。
AEDというものは医療資格を保有していない普通の人にも利用できる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に沿って扱うことで、心臓の心室細動に対しての応急処置の効き目を発揮してくれます。
人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、この中耳の近くに黴菌やウィルスなどがうつることで炎症が起こったり、体液が溜まる症状を中耳炎と言っています。
ストレスがかかり、蓄積してしまう論理や、簡単なストレスを緩和する方法など、ストレスというものの正確な知識を持っている方は、まだまだ少ないようです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する後追い調査の結果において、体の大きな成人よりも若い子供のほうが風に流されてきた放射能の害をより受けやすくなっていることが判明しています。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも起こることがあるためさほど難しい心臓疾患とは限らないのですが、例えば発作が立て続けにみられる場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
「あまりにも忙しい」「上っ面だけの様々なお付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる技術やインフォメーションの高度な進化に追いつくのが大変」など、ストレスが溜まる因子は一人一人異なります。
HIVを持つ精液や血液、母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、交渉相手等の粘膜や傷口などに触れると、感染の危険性が高くなります。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失効した後に販売される、等しい成分で金銭的な負荷を抑制できる(薬の代金が安価な)後発医薬品のことを指します。