ケガ

結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に準じて行われてきましたが、平成19年から結核以外の感染症と供に「感染症法」という名の法律に沿って遂行されることに決まったのです。
自分では骨折したのかどうか判別できない時は、ケガをした所の骨を弱めに圧してみてください。その部分に激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
「体脂肪率」というのは、身体の中の脂肪の付いている比率のことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、キログラム)×100」という式で把握できます。
いんきんたむし(陰金田虫)は20代〜30代の比較的若い男性に症例が多く、大抵は股間の周辺だけに拡大し、体を動かしたり、お風呂から上がった後など体がポカポカ温まると猛烈な掻痒感が訪れます。
下腹部の激痛を起こす病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の病気等の病名がみられます。
真正細菌の一種である結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「咳」をすることによって外気や内気に放出され、空気中でフワフワと浮いているところを別の誰かが呼吸しながら吸い込むことでどんどん感染します。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が細くなり、血液の流れが途絶えて、大事な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞が壊滅状態になる大変危険な病気です。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番代表的な中耳炎で比較的子どもによく発症する病気です。強烈な耳痛や高熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などたくさんの症状が発生します。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、多忙によるストレス、老化など様々な原因が合わさると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患するのです。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、皮ふに悪影響をもたらすと言われています。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持っている血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液や母乳等の様々な体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに触れることで、HIV感染のリスクが出てくるのです。
酒類に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、宿酔によく効きます。宿酔の原因であるエタナールという物質の無毒化に力を発揮しています。
トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ効果が殊更認識されていますが、他にも肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりすることが認められています。
ハーバード大学医学部の調査によれば、1日あたり2杯以上はノンカフェインコーヒーで代用すると、驚くことに直腸癌の罹患リスクを約5割も減少させることができたそうだ。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気でなくても出ることがあるのでさほど深刻な疾病ではありませんが、例えば発作が継続してみられる場合は楽観視できないといえます。